メンタルヘルスサポート
メンタルヘルスサポート

今、職場におけるメンタルヘルス対策は、非常に重要な労働安全上の課題となっており、平成25年度全国労働衛生週間でも、もっとも重要な課題となっています。

 その実施要項の中で、「我が国の自殺者は平成24年は15年ぶりに3万人を下回ったが、約2500人が勤務問題を原因・動機の一つとしていること、メンタルヘルス上の理由により、休業又は退職する労働者がいること、精神障害等による労災認定件数が前年比約1.5倍となり過去最高を記録したこと等から、職場におけるメンタルヘルス対策の取り組みは依然として重要な課題となっている。」とうたわれています。

 国がメンタルヘルス対策に力を入れる背景には、メンタル不調者の急増による社会的コストの増大があり、精神疾患による日本の社会的コストは年間11兆円、そのうち休業や自殺によるコストは約6.5兆円を占めるといわれています。(日経ヒューマンキャピタルOnlineより)

 実際、企業でメンタル不調者が発生した時の損失例として、SE 1人(年収500万円)が休業し、6か月後に復職した時企業は、合計970万円の経済損失を直接的に被るといわれています。

 休職中のSEへの諸手当、代替社員の給与          410万円

 休職開始前2カ月、復職後数カ月の労働力低下分の給与換算  250万円

 代替社員の教育費、同僚社員の残業代            290万円

 人事担当者や産業保健スタッフの人件費           20万円

 合計                           970万円

(前掲 日経ヒューマンキャピタル Online)

事の重大さがお判りいただけましたか。

 

 このメンタルヘルス対策には、職場において、

●  メンタルヘルス対策研修の実施、

●  就業規則での対応

●  メンタルヘルス対策体制の確立(相談機関の設置)

等が必要になり、また、不幸にして精神障害が発生した時には労災申請が、
精神障害に至らないときでも、セクハラ・パワハラが発生した時には、
適切な対応が必要になります。
 更に、メンタルヘルス対策には、セクハラ対策、パワハラ対策も含まれます。

 当事務所は、「明るく、働き易く、働き甲斐のある職場」の構築を事務所のモットーとして活動しております。

 当事務所は、事業主様の、対応を支援してまいります。

メンタルヘルス

お問合せ
城戸社会保険労務士事務所
          西神戸オフィス
〒651-2123
兵庫県神戸市西区天王山14−2
TEL & FAX: 078-975-3337