事務代理、申請代行
事務代理、申請代行

社会保険労務士法第2条で定められた
一号業務
@ 申請書等の作成
 労働社会保険諸法令に基づいて、行政機関等に提出する申請書、届出書、報告書、審査請求書、異議申立書、再審査請求書その他の書類(申請書等)を事業主・労働者に変わって作成する業務
A 申請書等の提出の代行(提出代行)
 申請書等について、その提出に関する手続きを代って行う業務
B 事務代理
 労働社会保険諸法令に基づく申請等又は行政機関等の調査や処分につき、主張や陳述を事業主・労働者の代理人として行う業務
二号業務
C 帳簿書類の作成

 労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類(その作成に変えて電磁的記録を作成する場合における当該電磁的記録を含み、申請書等を除く。)を作成する業務
をここでは指しますが、社会保険労務士の業務として、
三号業務もあります。
この三号業務は、指導・相談(コンサルタント)とも言われ
 事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、または指導する業務
があります。この業務については、他の項目で説明します。
なお、一号、二号業務については、社会保険労務士の専管業務として、社会保険労務士以外のものが報酬を得てすることは、刑事罰をもって法律で禁止されています。

ここで、
「事務代理」と「提出代行」の違いについて、厚生労働省令で以下のように定義されています。
1. 「提出代行」が申請書、届出書、報告書その他の書類(申請書等)の提出に関して行政機関等に事実上の説明補正等を行い得るにとどまるのに対して、「事務代理」は社会保険労務士が本人(当該社会保険労務士に対して代理権限を与えた者をいう。以下同じ。)に代わって申請等を行うものであるから、委任の範囲内で内容の変更等を行い得るのみならず、申請等について責任を持って処理できるよう当該申請等に係る行政機関等の調査又は処分に関する主張又は陳述を行い得るものであること。
2. 「事務代理」は、申請等について行われるものであり、行政機関等の行う当該申請等に係る許可、決定等の処分は本人に対して行われるものであること。また、金銭受領については事務代理には含まれないこと。
3. 社会保険労務士は行政機関等に対して行う申請等につき、事務代理するものであるから、事務代理には申請等に先立ち労使協定の締結が義務付けられている場合における当該労使協定の締結は含まれないこと。
                                                 以上
参考
労働保険年度更新、標準報酬月額の随時・定時決定

労基法、安衛法 事務手続き、申請代行、行政対応支援

お問合せ
城戸社会保険労務士事務所
          西神戸オフィス
〒651-2123
兵庫県神戸市西区天王山14−2
TEL & FAX: 078-975-3337