助成金申請
助成金申請

        助成金

 
助成金とは、一般的に返済義務がなく、条件に合致した事業主に対し、一定の金額が支払われるものです。
また、企業会計上は、雑所得に分類され、コストが見かけ上は全く発生しませんので、経常利益を押し上げます。例えば、売上が一億円、経常利益率が10%の会社が、助成金として100万円を得た場合売り上げとしては、約1000万円の売り上げに相当します。
 売上1億円の会社が1000万円の売上げを増やすには多大な努力が必要です。これが助成金の効果です。帳簿上、銀行の信頼が増すわけです。

平成25年度は、厚生労働省関係の助成金として、雇用関係助成金がありますが、この雇用関係助成金は、

@ 雇用維持関係
A 再就職支援関係
B 高年齢者・障害者等関係
C 雇入れ関係
D 雇用環境の整備関係等の助成金
E 仕事と家庭の両立支援関係
F キャリアアップ・人材育成関係の助成金

がありましたが、

若者チャレンジ奨励金などは、7月末時点で大阪等の大都市では、予算が底をつき、募集が停止されました。
 その他の助成金も予算が消化されれば、募集は中止されます。
 この助成金は、一定の条件を満たした事業主に対し、支給されるため、一般的に、条件適合対策を含め、社会保険労務士に委託されることが多いのです。
 ちなみに、条件な適合対策としては、
● 就業規則の整備
● 労働条件の整備
● 人財育成計画の作成
等があり、社会保険労務士の専門分野となります。
なお、雇用関係助成金のより詳しい説明が、厚生労働省のホームへーじにございます。
用の青色の部分をクリックして頂ければ、当該ホームページに飛びます。

自社に得られる可能性があるかお知りになりたい方は、お尋ねください

助成金.pdf


お問合せ
城戸社会保険労務士事務所
          西神戸オフィス
〒651-2123
兵庫県神戸市西区天王山14−2
TEL & FAX: 078-975-3337
 
 


神戸ビジコレのホームページへ


所長のブログ


以下は株式会社TKBGを経営されている山本敏彦社会保険労務士より、承諾をもらい、リンクを張りました。
皆様のご参考になれば幸いです。

助成金に関する説明事例
若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)

株式会社設立について
個人で素人が株式会社を作ろうと思ったら、どのような行動をするのでしょうか